美容室のお客様を増やす為に美容室の経営者のあなたが今すぐ活用できる方法を読者様だけにお話します。

美容室のお客様を増やす為に美容室経営者であるあなたが“今すぐ”に行うことができる集客方法とは一体何か?
ホームページ上で語ることのできないとっておきの情報を現役美容室経営コンサルタントがこの無料メルマガでお話します。
購読解除はいつでもできますのでご安心下さい。

今申し込まれた方に特別に書き下ろしたレポートを差し上げます。

お名前

メールアドレス

店舗規模

現時点での一番の悩みは何ですか?

※美容室の経営に真剣な方だけに向けた内容ですので本気の方以外は決して登録なさらないで下さい。

お預かりする個人情報について

美容室経営者の方へ。私は美容室経営コンサルタントとして真剣にお話します。

『時給17円!?たった4ヶ月で116%up? 一体どういうこと??』
ふざけているように聞こえるかもしれません。
しかし、 私はいたって真剣にあなたにお話しているのです。
既に全国で約500店以上の美容室が、“ある方法”を使って
短期間に業績アップを実現しているからです。
驚くべきなのはそれら美容室の客数平均増加率。

 

100を優に超える美容室で、来店客数が前年比平均116%up
という驚異的な数字を叩きだしているのです。
中には4ヶ月で120%の売上げアップを達成した美容室や
月間新規獲得客が41名だった美容室が“ある方法”を用いてから
とたんに月間新規獲得客172名に増加したケースも・・・
しかし一体どうやって??

 

はじめまして。美容室の経営に関するご提案をしています
ガストロマーケティング代表の田中と申します。
現在あなたが美容室の経営者であり、美容室の経営で新たな展開をお考えであるならば私はそのようなあなたに、この手紙を読むことを強くお勧めします。
この手紙を読み終えた時、あなたは美容室経営のために払ってきた今までの苦労をきっと恨むに違いないからです・・・

美容室経営者必見!美容室の客数をたった4ヶ月で116%に上げる劇薬とは?

私が今回、美容室経営者であるあなたにご提案する“ある方法”とは一体何だと思われますか?
簡潔に言うと、あなたの美容室の潜在能力を最大限に引き出すという点にその
方法があるのです。


『潜在能力?これまで美容室の経営の為にできることは色々やってきた。店のことは自分が一番良く分かっているつもりだ。』

 

なるほど。確かにあなたのおっしゃる通りかもしれません。
しかしあなたはお気づきでしたか?
美容室経営者側からは気付くことができない機会損失があなたのサロンで
“今この瞬間”も発生している現実を・・・

美容室経営者への問いかけ。美容室経営者のあなたはお気づきですか?今この瞬間にも美容室では損失が膨れ上がっているのです。

 

『損失が今も膨れ上がっている?どういう事なんだ??』

この点をご理解頂くには、まず美容室利用者のサロンへの“来店パターン”を分析する必要があります。
まずはこの図をご覧下さい。これは美容室利用者の来店パターンを表しています。

 

美容室経営者から見えてこない美容室利用者の来店パターン。美容室利用者は美容室に行こうと考えてから実際に美容室に来店するまでにタイムラグを作っている。

 

しかし、なぜ美容室利用者はこうした“タイムラグ”を生じさせているのでしょうか?
その答えは“現状の美容室の電話予約への不満の声”にあります。
少しの時間、美容室利用者の生の声をどうぞお聞きになってください。

美容室経営者側からは把握しづらい美容室利用者の“タイムラグ”の訳

美容室経営者からなかなか分からない美容室利用者の声予約のために電話をしましたが希望時間が合わず、空き時間を聞かれても考え込んでしまい、「また今度にします」ということが何回かありました。
                                           (19 歳学生)


美容室経営者からなかなか分からない美容室利用者の声美容室に電話すること自体が苦手。何度かコールしても出ないお店には電話をしたくなくなる。                                 (22 歳フリーター)

美容室経営者からなかなか分からない美容室利用者の声 言う時間、言う時間ことごとくだめで、一ヵ月後ぐらいにもう一度かけなおしたことがあります。                             (24 歳OL)


美容室経営者からなかなか分からない美容室利用者の声 思いつくのが営業時間外だと行く気を無くしてしまう。気持ちがリセットされる。
                                                (22 歳学生)

美容室経営者からなかなか分からない美容室利用者の声電話での予約はいつも相手のこと(忙しいかなぁ…)とか考えてしまって
憂鬱になります。                                 (27歳 OL)


美容室経営者からなかなか分からない美容室利用者の声予約の電話をしようと思っても「明日でもいいかな」とか思い、結局行かなくなる時があります。                        (22 歳フリーター)


美容室経営者からなかなか分からない美容室利用者の声平日の美容院が営業している時間は、仕事で忙しく結局電話をかけそびれてしまい面倒だ。                            (32 歳会社員)


美容室経営者からなかなか分からない美容室利用者の声電話をしてもなかなか出なくて「今忙しい時間だったかな?」と悪い気がしてきます。何か電話をかけるたびに気を使っているような・・・            (26 歳OL)
美容室経営者からなかなか分からない美容室利用者の声いつ電話予約をしようかいつも迷ってしまい結局、明日でいいやーと思い、ずるずると日にちが過ぎていることがよくあります。                  (23 歳OL)

美容室経営者からなかなか分からない美容室利用者の声「時間が空いたから・・」「あー今切りたい!」と思ったときに電話をしても「予約でいっぱいです。」の言葉を聞くとがっかり。
   
仕方なく、いつものお店を諦め別のお店に行ってしまうことも…  (27 歳OL

※回答者111名(女性89名・男性22名)


さて、お客様の“髪を切りたい”という気持ちと、上に挙げた美容室利用客の声に示されている、お客様が美容室にご来店されるまでの“タイムラグ”。
実はこれが美容室経営者側からは気付かない機会損失の原因になっているのです。
ところでこのタイムラグから生じる機会損失の額。
あなたは美容室に一体どれくらいの損失が生じていると思われますか?

美容室経営者の方への警告!ここから先の話に美容室経営者としてあなたは度肝を抜かれるに違いないからです。


この後の私の話を通してあなたはきっと度肝を抜かれるに違いありません。
今から少し、数字の話をしたいと思います。
恐れ入りますが、あなたのお手元に電卓をご用意して頂けるでしょうか?

 

美容室経営者のあなたへ。是非お手元に電卓をご用意下さい。l

 

準備は宜しいですか?
OK。それでは早速お話していきます。

 

A美容室”を例にして一緒に考えてみましょう。
( あなたの美容室の数字に置き換えると、よりリアルな金額が算出されます。)


このA美容室の利用客の理想的な再来店の周期を一月半。つまり45日と仮定してみましょう。
この場合、このA美容室の利用客の年間来店回数は


美容室営業日数365日÷美容室理想来店頻度45日=美容室理想年間来店回数8.11

ここから分かるようにこのA美容室の理想的な来店頻度は年間約8回です。
しかし、この45日にはこれまで考えてきたように従来の電話予約で発生する“タイムラグ”を加えなければなりません。

 


仮に一人あたり10日ほど予約がずれこだとしたらどうなるでしょうか?
この場合、45日(理想的な来店頻度)+10日(タイムラグ)=55日
この55日が実際のA美容室の利用客の来店周期という訳です。ということは、

年間日数365日÷美容室来店頻度55日=美容室年間来店件数6回

 

実際の来店頻度は年間約6回ということになります。
美容室の電話予約によって発生していた“たった10日のタイムラグ”が、結果として
一客につき年間の理想的な来店回数である8回に比べて2回分も減るという機会損失につながっているわけです。

美容室理想回転数8回−美容室実際来店回数6回=美容室機会損失件数2回


ではA美容室が“タイムラグをなくす対策"をした場合、美容室の売上げは一体どれ程向上するのでしょうか?

 

このA美容室の一日の施術件数を平均10人としてみましょう。
月25日稼動だとすると、この美容室は月平均250人のお客様のカットをしていることになります。 年間にすると、250人×12ヶ月=3000人の施術件数です。
あなたの美容室ではどれ程の数字になったでしょうか?

 

3000件を一客あたりの実際年間回転数6,6で割り、それに理想の年間回転数である8,1を乗じると、お客様の美容室予約のタイムラグがなくなった時の年間施術件数が算出されます。


美容室経営者への算式。美容室年間施術件数3000件÷美容室実際来店回数6,6×美容室理想来店回数8,1回=美容室年間達成可能件数3681件


この3681件。この件数こそが、タイムラグが一切なかった場合のA美容室の
達成可能な年間施術件数という訳です。

すなわち、A美容室の経営者は全く気付かずに毎年毎年、約680件もの施術をし損なっていたことがわかります。
この美容室の経営者が気付かないうちに失っていた売上げ金額は
平均客単価6000円とすると・・・

美容室実際施術件数3000件と美容室達成可能施術件数3680件との差の680件×美容室客単価6000円=美容室機会損失額4080000円


これほどの金額が、A美容室の経営者の知らないところで毎年毎年、機会損失として発生していることになるのです。
実に憂慮すべき事態です。
美容室の経営者であるならば誰もが真剣に、この400万円という金額の意味について考える必要があるといえるのではないでしょうか?


しかし、もしかするとあなたはここまでの流れを通して今このようにお感じかもしれません。

「うちの美容室はこんなに客単価は高くないし、理想的な来店頻度だって60日以上はかかるもだ。
400万円の機会損失なんて数字のカラクリ次第でどうにでも作り出せるものだ・・・」


なるほど。確かにあなたのおっしゃる通りかもしれません。
ただ、この算式で私が用いた数字は、ほんの一例にすぎないことを是非あなたの思いに留めて頂きたいと思います。
この私の手紙をご覧になっている美容室経営者の方には、100店舗以上の美容室を経営しておられる方から一人でサロンを経営しておられる方まで様々です。

 


全ての美容室に合わせた数字をここでお見せすることは不可能といえるでしょう。
理想来店日数、客単価・・・
美容室経営コンサルタント
として私は、是非とも具体的な数字に関して、あなたにご自分の美容室の数字を用いて算出なさることをお薦めします。


ここまでの話の大事なポイントは、“美容室利用者のタイムラグをなくす戦略”を立てることによってどれ程の美容室の機会損失を大幅になくし、即売上げにつながるかという証明です。
話の冒頭で述べた、約500店舗の美容室の驚異的な記録がその戦略の効果を実証している訳なのです。

 

美容室経営者の声。しかし、一体どうすればいいんだ?

恐らくあなたは、きっとそのようにお感じでしょう。
お客様のご来店のタイムラグをなくすことが売上げ向上につながるといってもご来店するかどうかを決められるのはお客様の心次第。
どんなに時を見計らってベストなタイミングで美容室からDMを出したとしても、お客様の机の引き出しに眠ってしまってそのままになることも・・・・
かといって、電話での来店促進のアプローチはお客様にとって重すぎます・・・

 

また、こうした来店促進を完璧に行おうとすると、美容室のスタッフにかかる負担も相当なものです。
徹底的な顧客管理をしている美容室であっても、ご来店が近そうなお客様だけを選び出してタイミングよく アプローチを行うことは、今でさえ忙しいサロンワークの中で更に膨大な時間とDMのコストがかかることでしょう。
ではタイムラグをなくして売上アップを図る為に美容室はどんな戦略を打てるの
でしょうか??

 

解決策のヒントは美容室利用客の携帯電話を用いた美容室の戦略にあります。

これから私があなたにご提案する“携帯電話を用いた美容室戦略”を実行するならばあなたの美容室は大きく変わります。
これは、これまでマーケティング戦略が浸透していないと言われ続けてきた
美容室業界に“革命的な変化をもたらす戦略”であると私は確信しています。
これによってあなたの美容室が具体的にどのような変化を遂げるかというと・・・

 

美容室の経営に悩む美容室経営者 あなたはこれまで多くの美容室経営者を悩ませてきた
次のような問題をこれからは気にしないでよくなります。


ご来店頻度の短縮による美容室の売上げ増加

個人経営、法人、美容室経営者の抱える売上アップの悩み。美容室経営者であれば誰もが考える事はなんといっても
美容室の売上をしっかりとること。

これからご提案する方法を導入される時、美容室利用客が
タイムラグなくご来店されるようになるのでご来店頻度の短縮の結果美容室の売上が上がっていきます。
統計からいくと4ヶ月前後からその効果をはっきりと実感できるようになるでしょう。

しかし、一体なぜ来店頻度を上げることができるのか?

それはこの後、全てを包み隠さずお話します。

美容室経営者必見!美容室の経営、売上
アップの仕掛けを全てお話します。
美容室経営に真剣な美容室経営者のみご覧下さい。 今すぐ知りたい方はこちらから

 

 


美容室の売上があがるだけではありません。美容室でよくあるこのような問題も解決されます。


美容室予約のバッティングを未然に防ぎます。

美容室経営に関して美容室経営者の解決される悩み個人経営の美容室などでは美容室予約が重なることが時に深刻な問題になることも…
これからは予約の入り方を前もって美容室側で調整することが簡単に可能になりますので、
お待ちのお客様を気にしながら施術しなければならないというよくありがちなストレスを軽減することができます。

美容室経営者必見!美容室の経営、売上
アップの仕掛けを全てお話します。
美容室経営に真剣な美容室経営者のみご覧下さい。 今すぐ知りたい方はこちらから

 

 


美容室から送るDMの大幅なコスト削減

美容室の経営者の美容室のDMコスト削減という悩み。DMは一通あたり約70円のコストがかかります。また印刷費だけでなくこれにかかるスタッフの人件費も相当なもの…
しかし“携帯を用いた戦略”を実行してから年間200万円ものコスト削減を達成した美容室もあります。
これからは浮いた資金と時間を更なるサービスの向上の為に用いていくことができるのです。

美容室経営者必見!美容室の経営、売上
アップの仕掛けを全てお話します。
美容室経営に真剣な美容室経営者のみご覧下さい。 今すぐ知りたい方はこちらから

 

 


これは美容室の全く新しい販売促進方法です!

美容室の若い世代を取り込む新しい戦略『うちの美容室は高校が近くにあるから、来店客層は学生が中心。 低価格にすれば集まるのだろうが、値引き戦略以外に若い世代を取り込む方法がないだろうか?』

今回お話する方法は携帯電話を使う若い世代に有効なのはもちろんのこと、今や世代を問わずに普及している携帯電話を用いた集客方法ですので地域から注目されることは間違いありません。

美容室経営者必見!美容室の経営、売上
アップの仕掛けを全てお話します。
美容室経営に真剣な美容室経営者のみご覧下さい。 今すぐ知りたい方はこちらから

 

 


個人経営の美容室でも予約受付スタッフを格安で手に入れることができます。

美容室の予約受付スタッフ『カット中にかかってくる予約の電話に手がとられる事がよくあるが、施術中のお客様に申し訳ない。
予約を受けてくれるスタッフがいたらどんなに楽だろう…
でも予約受付だけのスタッフを雇う余裕はないし…』

オーナーお一人でがんばっておられる個人経営の美容室などの場合には、売上の悩みよりもこちらの事で悩んでいるケースも少なくありません。
しかし、この問題に関しても今日この日を最後に、もう悩む必要はなくなります。
電話予約は今の半分にまで減るとお考え下さい。

美容室経営者必見!美容室の経営、売上
アップの仕掛けを全てお話します。
美容室経営に真剣な美容室経営者のみご覧下さい。 今すぐ知りたい方はこちらから

 

 


もうこれからは美容室の携帯販促で悩む事はなくなります!

美容室の携帯販促が成功します。なんとか集めた携帯メール会員。
でも、うまく有効活用できてない気がする・・・・
割引クーポンを配信し、キャンペーン情報を配信し、
スタッフの出勤状況を配信・・・


メール原稿を考えたり、手間をかけている割には
反応率が思った以上にない・・・
思い切った値引きをすれば多少の反響はあるものの、常連客なのに値引きをしてまで携帯メール販促をやる意味があるのだろうか・・・

美容室の携帯メール配信で失敗する要因が

・お客様全員に同じメールを送ってしまっている
・絞り込んでも性別や年齢層程度

このような場合、昨日ご来店したお客様にも本日ご来店したお客様にも、そしてここ数ヶ月ご来店されていないお客様にも一様に送られてしまいます。
成果が乏しいのはこれが原因です。
しかしこの問題も、この後の私の話をご覧になるとき、 今日この日をもって解決される事でしょう。

美容室経営者必見!美容室の経営、売上
アップの仕掛けを全てお話します。
美容室経営に真剣な美容室経営者のみご覧下さい。 今すぐ知りたい方はこちらから

 

いかがでしょう?
このような多くの美容室を悩ませてきた数々の問題がまとめて解決されるのです。

 

『しかし、本当にそんなことができるのか??』


あなたが今そのようにお感じになるのも当然です。
それでは、なぜこれらの問題全てを解決できるのか。
これからその全貌をあなたにご覧頂くことにしましょう。
その前に・・・

 

私はこの話を全ての美容室経営者の方にではなく、真剣に美容室の経営について悩み、考えておられる美容室経営者の方のみにお話したいと考えています。
ここまでの流れの中で私の話に興味がわかないという方はどうぞこのままこの
ページを閉じて下さって結構です。

 

それでは本当に美容室の経営について真剣に考えておられる方のみ
次のページへお進み下さい。
再度繰り返しにはなりますが、ここから先の
美容室業界に革命的な変化をもたらす戦略の全貌については
真剣に美容室経営を考えておられる方だけにお見せしたいと思います。

美容室経営者必見!美容室の経営、売上
アップの仕掛けを全てお話します。
美容室経営に真剣な美容室経営者のみご覧下さい。  本当に知りたい方以外は
決してご覧にならないで下さい。

 

 


  美容室の経営戦略
   
美容室経営メルマガ

お客様を増やす為に “今すぐ”
行うことができる経営方法とは
一体何か?
ホームページ上で語ることのできない“とっておきの情報”を
美容室経営コンサルタント
無料メルマガでお話します。

美容室経営メルマガで配信
される内容の詳細はこちら

お名前

メールアドレス

美容室のお客様を増やす為に美容室経営者であるあなたが
“今すぐ”に行うことができる経営方法とは一体何か?
ホームページ上で語ることのできない“とっておきの情報”を
現役美容室経営コンサルタントがこの無料メルマガでお話します。

今申し込んで頂くなら、下記の特別レポートもついてきます。
美容室経営者必見の無料レポート

お名前

メールアドレス

店舗規模

現時点での一番の悩みは何ですか?

お預かりする個人情報
について

その他相互リンク集

相互リンク1
相互リンク2

美容室ホームページ紹介

北海道の美容室

青森県の美容室

岩手県の美容室

宮城県の美容室

秋田県の美容室

山形県の美容室

福島県の美容室

関東地方の美容室

茨城県の美容室

栃木県の美容室

群馬県の美容室

埼玉県の美容室

千葉県の美容室

東京都の美容室

神奈川県美容室

山梨県の美容室

信越・北陸の美容室

新潟県の美容室

富山県の美容室

石川県の美容室

福井県の美容室

長野県の美容室

東海地方の美容室

岐阜県の美容室

静岡県の美容室

愛知県の美容室

三重県の美容室

近畿地方の美容室

滋賀県の美容室

京都府の美容室

大阪府の美容室

兵庫県の美容室

奈良県の美容室

和歌山県美容室

中国地方の美容室

鳥取県の美容室

島根県の美容室

岡山県の美容室

広島県の美容室

山口県の美容室

四国地方の美容室

徳島県の美容室

香川県の美容室

愛媛県の美容室

高知県の美容室

九州・沖縄の美容室

福岡県の美容室

佐賀県の美容室

長崎県の美容室

熊本県の美容室

大分県の美容室

宮崎県の美容室

鹿児島県美容室

沖縄県の美容室

最近の更新履歴